2018年01月05日

パーム油発電を考えられている企業様に グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

パーム油発電を考えられている企業様に
グローバル・シー有限会社は、遺伝子組み換えの大豆油を5年間固定価格で供給いたします。

月5000MT MAX

The specifications are as follows;
Soybean Oil for Power Generation
.Free Oil Acidity (Expressed OS Oleic Acid)
. Max Refractive Index ay40c 1.466-1.470
.Peroxide value (Meg GR/KG) 1.0 Max
.Saponification value 189-195 Iodine value 120-143
.Density at 20c. 909-925
.Appearance Clear Soap Test .005% max
.Insoluble Impurity in either .05% max volatile matter at 105c Test negative
.Mineral Oil Test negative
.Sesame Seed Oil Test Negative
.Cold Test after 24hours negative

価格等、購入に関しては、グローバル・シーに
お問い合わせください。
posted by Mark at 18:17| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:54| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テトラパック社のセルビア工場が2008年度の「世界の最優秀工場」に」ほか (機関誌'09.3月号)

http://www.joi.or.jp/serbia_j.html

「日本からの友情と支援に名誉称号を授与」ほか(機関誌'09.1月号)

「セルビア議会は大忙し」ほか(機関誌'08.11月号)

「インジアITパークの建設開始」ほか(機関誌'08.9月号)

「セルビア、EUと安定化・連合協定を締結」ほか(機関誌'08.7月号)

「来年2009年3月、幕張メッセでまたお会いしましょう」ほか(機関誌'08.5月号)

「セルビア鉱業部門投資セミナーを東京で開催」ほか(機関誌'08.3月号)

「EU加盟への重要な一歩:EUと安定化・連合協定に仮調印」ほか(機関誌'08.1月号)

「SIEPA、再び特別賞に輝く」ほか(機関誌'07.11月号)

「日セ企業、日本商工会議所を創設」ほか(機関誌'07.9月号)

「セルビアに新政府が発足」ほか(機関誌'07.7月号)

「セルビア企業の活発な対隣国投資」ほか(機関誌'07.5月号)

「JICA、バルカン事務所を開設」ほか(機関誌'07.3月号)

「在欧日系企業ミッションの意義」(機関誌'06.11月号)

「セルビア政府、新規投資案件に対し奨励金を供与」(機関誌'06.9月号)

「日本企業、セルビア進出を再会」(機関誌'06.7月号)

「投資環境からみた最近のセルビア」(機関誌'06.5月号)

posted by Mark at 21:12| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

駐日セルビア共和国大使館・総領事館

セルビア共和国大使館
Embassy of the Republic of Serbia in Japan
〒140-0001 品川区北品川4丁目7-24
電話:03-3447-3571、03-3447-3572
特命全権大使:イバン・ムルキッチ 閣下
His Excellency Mr. Ivan MRKIC

在大阪セルビア共和国名誉総領事館
Honorary Consulate-General of the Republic of Serbia in Osaka
〒550-0001 大阪府大阪市西区土佐堀1-4-11 大日本除虫菊株式会社 内
電話:06-6444-1111
名誉総領事:上山 直英 氏
Mr. UEYAMA Naohide
管轄区域:近畿、中国

posted by Mark at 00:55| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駐日クロアチア共和国大使館・総領事館

クロアチア共和国大使館
Embassy of the Republic of Croatia in Japan
〒150-0012 渋谷区広尾3丁目3-10
電話:03-5469-3014
特命全権大使:ドラゴ・シュタンブク 閣下
H. E. Mr. Drago STAMBUK

posted by Mark at 00:54| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

クロアチア・ビジネスセミナー


http://r26.smp.ne.jp/u/No/59147/E0D70AH7ci0D_103395/0416croatia.html

====================================================■□■

当セミナーでは、クロアチア投資輸出促進庁より戦略企画部長を講師に迎え、
同国の経済状況や投資環境、ビジネス機会についてご紹介致します。

【クロアチアの魅力】
 ・人口5億人、GDP11兆ユーロのEU市場へのアクセス
 ・相対的に低い賃金レベルで、高い教育水準と技術力を持つ労働力
 ・EU加盟に向けた法律や制度の整備と積極的な外資誘致政策
 ・アドリア海のリエカ港を利用した欧州市場への海上輸送日数の短縮
 ・良好な治安と穏やかで親日的な国民性
 ・快適で充実した生活環境


◆日 時: 2009年4月16日(木) 14:00〜15:30

◆場 所: 大阪企業家ミュージアム会議室
     (大阪市中央区本町1-4-5 大阪産業創造館地下1階)
      http://www.kigyoka.jp/access/index.html

◆主 催: 国際連合工業開発機関 東京事務所
◆共 催: 大阪商工会議所

◆講師・内容(予定):
 「クロアチアのビジネス環境と投資機会」
  クロアチア投資輸出促進庁 戦略企画部長 マルコ・ユルチッチ氏

◆参加費: 無料 (大商会員・非会員を問わず)
      ※当日はお名刺をご持参ください

◆言 語: 日英逐次通訳

◆定 員: 20名(定員になり次第、締め切らせて頂きます)

◆お申込み: 下記URLからプリントアウト頂き、必要事項をご記入の上、
       FAX(06-6944-6293)までお申し込みください。
       ↓
http://r26.smp.ne.jp/u/No/59147/E0D70AH7ci0D_103395/0416croatia.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 国際部 国際担当 清水、竈門(かまど)
 TEL:06-6944-6400 FAX:06-6944-6293

posted by Mark at 17:16| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。